司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

自己破産が終了したら

一応、自己破産が終了したらすべての問題は終わったと思われるかもしれませんが、本当に大変なのは自己破産をしてからだという人もいる様です。自己破産をすると、その後は素早く財政状態を立て直す必要があります。

自己破産は一度行うと、再度行うという事が非常に難しいので、生活できる様に節約をしたり、努力をする事も必要になってきます。もし、可能であれば、自己破産をした後の生活のプランについても弁護士などに相談してみるのもいいかと思います。

家計簿をしっかりとつけて、計画的にお金を使う様に心掛けるなど、自分に甘かった部分があったという人は、もっと厳しくしないといけない面もあるかもしれませんね。

自己破産は家族に掛かる負担が大きい

実は自己破産をする場合、連帯保証人などの影響が大きいとされています。もし連帯保証人を作っていた場合は、該当している人も自己破産をしなければなりません。行わない場合は、借金を一括で支払うようになり、支払の義務が勝手に出てしまうのです。

問題が起きないようにするため、破産をしたいと持ちかけられている場合には、自分も行わないと駄目なのかなと考えます。わからない場合は弁護士などに相談して、行う必要があるか理解します。行う必要を指摘された場合は、自分も覚悟を決めた上で手続きを行い、借金をゼロにしてしまうのです。

知っていた?自己破産しても免責されない債権

自己破産の申し立てにより借金の免責が認められれば、財産を失うものの、またゼロから人生を再スタートさせることができます。債権者の取り立てに苦しむ日々ともこれでお別れ…と安心する前に、免責の対象外とされる債権があることをご存知でしょうか。

不法行為などの罰金、交通事故の損害賠償、離婚時の慰謝料・養育費など、主に法律がらみの支払いが対象となります。他にも対象は様々あるのですが、最も一般的なのは税金です。

国民健康保や国民年金、住民税などを滞納している場合、これらの税金の支払い、および滞納に対する罰金の支払いは免責されません。免責対象外の債権に関しては、あらかじめ専門家に相談しておくと良いでしょう。

自己破産後は債権者とのトラブルに注意

自己破産が成立して借金を帳消しにできたとしても、その後の債権者の動向には注意する必要があります。なにせ貸したお金が返ってこない訳ですから、大人しく泣き寝入りする人ばかりと限りません。

特に気をつけたいのが違法な金融業者、いわゆる闇金が債権者の場合です。破産後もお構いなしに取り立てに来るなどのトラブルの事例は多数存在します。このような場合は躊躇なく警察に相談し、対応してもらうと良いでしょう。

また、法律の専門家に自己破産の手続きを依頼していた場合、違法者集団である闇金は法的対応をされると手も足も出ませんので、破産後のトラブル発生率もグンと下がるでしょう。

自己破産をしている人は情報が掲載される

無事に自己破産が完了した場合は、実際に行っているとわかってもらうため、官報というものを使って紹介されます。文字で書かれるだけですが、個人で自己破産をしていることが表示されています。

もし行っていると思われれば、他に借りている人が出てくる可能性もあるので、対応しなければならないのです。掲載するのは義務付けられていることで、政府が発行している官報に出すことが当然となります。

誰にも知られないと思われるかもしれませんが、誰かはその情報を知っていると思ってください。ただ見ている人が少ない傾向もありますので、そんなに知られる可能性は低く、近所の人もあまり気づかないのです。

自己破産 大阪は生活を守るために債務整理を司法書士に依頼しよう!

自己破産について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。