司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

司法書士の報酬の源泉

司法書士の報酬の源泉についての話です。自営業等の方で、役所に提出する書類や法務関係を司法書士に依頼する方は多いのではないでしょうか。

そうした場合の報酬は、源泉徴収を税務署に提出しなくてはなりません。

5万円以下の場合は、提出しなくても良いそうですが、顧問で依頼している方等は尚の事、提出する必要が有ります。

また、司法書士に限らず、他の士業(弁護士、税理士など)でもきちんと申告をする必要があるため、きちんと領収証や計算書を提出していただくようにしましょう。

逆に、サラリーマンや一部の方を除けば、殆ど提出しなくてはならないので注意が必要です。

不動産や法人などの「登記」を専門に扱う国家資格です。

超難関資格と言われ、合格率は3%前後。

一次の筆記試験に合格しても二次として口述試験もありますので、そういう意味ではなかなか手の出せない国家資格だと言えます。

人気がある資格の一つになっています。

司法書士費用の方が弁護士費用より安いのはなぜ?

どのような分野においても、弁護士よりも司法書士にかかる費用の方が安く済ませることができるといわれています。どういった内訳になっているのでしょうか?弁護士費用には、契約金と同じような着手金と呼ばれる金額が必要になってきます。

これが大体1社2万円くらいといわれていますので、借金関係の人は整理したい会社の分、費用がかかることになります。こちらの費用にプラス成功報酬がかかってきます。しかし司法書士にはこの着手金がないため、その分費用が安くなります。かかる費用としては成功報酬金プラス諸費用ですので、着手金の分どうしてもこちらの方が安くなります。

司法書士は処罰対象の案件も多い

行うと警告を受けるような案件も数多く出ており、司法書士は知らないで行ったことで処分される可能性も高くなっています。気づかれないと思っても、後から調べると簡単にわかって、業務停止などを受ける場合もあります。

この処罰を受けてしまうと、信頼感が失われてしまいます。依頼を出したいと思えるような状況が作られないので、あまりいいように見られません。ミスを減らすようにして、少しでも調べて行わないように整えることが重要になります。司法書士は弁護士と違いますので、できることと出来ないことを理解して取り組まなければなりません。

司法書士の仕事をご存知ですか

どんな小さな町にも事務所がある司法書士は、庶民にとっては身近な存在です。彼らの主な仕事は、法律関係の書類作成および手続きです。不動産の書類を扱うことが多く、建築・売買・相続の際の所有権に関する手続きを行なっています。

裁判に関する書類作成も行なっており、借金問題の債務整理や、損害賠償などの訴状も作成しています。法務大臣から認可を受けている認定司法書士ならば、金額が140万円以下の法律問題でも制限なく仕事を行えます。これは簡易裁判所における民事事件で、弁護士のように代理人を勤めることができる、というものです。他にも様々な仕事を取り扱っており、身近で頼りになる庶民の味方です。

借金問題で新規顧客を開拓する司法書士業界

街の様々なところで事務所を見かける司法書士ですが、職業としての認知度は低いです。それは彼らが法律関係の書類作成や手続きを主な仕事としているため、同じく法律関係の他業種か、富裕層の方でないかぎり、仕事で関わる機会がとても少ないせいです。

そのため彼らの仕事は人脈が命、お得意様を大切にする事務所が長続きします。しかし長引く不況で仕事は減少傾向にあり、現状打破のために法律問題を専門に扱う事務所も増えています。

法律関連の仕事は弁護士のテリトリーですので、客層が重複しないよう低額の借金問題に的を絞り、リーズナブルな料金形態で新規顧客を勝ち取り、多くの実績をあげている司法書士も珍しくありません。

司法書士について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。