司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

相続の問題が起こったら司法書士

大切な家族が亡くなり悲しんでいる時などでも、色々と問題が浮上してくることも珍しくありません。
特に亡くなったのが、家長などであれば、葬儀が終わり一息つく間もなく浮上してくるのが相続の問題といえます。

相続の問題はなかなか難しく、個人だけで解決する事は難しいとも言えます。
個人の感情だけではなく、法的なことも絡んでくるからなのです。

相続問題は預貯金などの現金だけではなく、土地や建物などの、不動産なども含まれるために書類についても複雑化してしまいます。

このような登記の問題はとても細かい上に面倒なこともあり、専門家である司法書士に依頼して登記してもらうことも少なくありません。

面倒なためになんとなく、うやむやにしてしまうと、土地や建物の権利を主張できなくなることも起こりかねません。
個人での管理や登録が難しいと感じるのであれば、早めに司法書士に相談して、相応の手続きをおこなう事が大切なのです。

司法書士の業務を知るために

国家資格である司法書士の業務として、法務局や裁判所などへ提出が必要な書類の作成、不動産や起業に関して発生する登記登録、借金相談や遺産相続問題などが挙げられます。一般的に生活していく中においても、自分で対処させることができない事態へと発展しているケースも多く、どのような対応をすれば良いのか分からないという場合もあります。

相談業務については無料で取り扱われていることが多く、弁護士の業務と一部重なる案件に関しては、低い依頼費用で親身に対応してもらえるため、費用面が気になる方にとって頼れる存在でもあります。

司法書士は多岐にわたり活躍しています

主な仕事は不動産登記や会社の登記、裁判所や検察庁宛の提出書類の作成、供託の手続き代理、簡易裁判所での訴訟や調停の代理、企業法務や法律相談など、多岐にわたります。幅広い業務を通じ、司法書士は財産や権利をまもっています。

とても身近な法律家として活動をしているので、弁護士に比べ費用が安かったり、相談をしやすい環境を整えて居たりします。法律の事で困ったことがあったらまずは、司法書士事務所を訪れましょう。丁寧に対応してくれます。そしてどのような行動をしたらよいのかなど、細かくアドバイスをもらうことが出来ます。

司法書士に依頼するときにチェックする点

弁護士に依頼をするというよりも、こちらに依頼することの方がなんとなく敷居が低い気がしませんか?おそらく弁護士に依頼というのは非常に難しい問題や、大きな問題を依頼するというイメージが強く、また、費用が多大にかかってしまいそうという理由からだと思います。

確かに費用面からみても司法書士の方が気軽に依頼できるというのは事実です。しかし司法書士に依頼する前に一つだけ気を付けておくべきことがあります。それは金額に制限があるということです。あまり知られていないのですが、実は140万円を超えるような案件は担当することができません。

司法書士はなんで弁護士よりも費用が安いの?

基本的に、どの事務所においても弁護士の依頼料よりも、司法書士の依頼料の方が安いと言われています。一体なぜでしょうか?まず大きな理由としては弁護士には依頼するときに必ずかかる着手料というものが発生します。

こちらは依頼内容が、自分が希望した通りにならなかったとしても必ず支払わなければならないもので、大体借金関係ですと、借入先1社につき2万円が相場といわれています。司法書士には着手金がありませんので、この時点で最低でも2万円の差が出ることになります。つまり借り入れ先が多ければ多いほどこの差がどんどん大きくなっていくことになります。

司法書士について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。