司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

自己破産を司法書士に依頼するときの費用

自己破産を弁護士に依頼をしたときの費用は、30万円から50万円程度が相場になるようです。司法書士の場合ですと、20万円から30万円程度となります。

自己破産には同時廃止と管財事件の2種類があり、どちらになるかでもコストは差がでます。司法書士の場合、140万円以下の借金でないと代理人になれません。140万円以下の借金の場合には、自己破産よりも任意整理をしたほうがデメリットが少なくてすむので、よく考えて行いましょう。

中にはお金儲けのために破産を進めてくるような悪質な弁護士も存在するようですので、複数の法律事務所で相談をしてみて、比較をしましょう。

自己破産による債務整理の対処

返済が困難な状況に陥ってしまった場合における借金問題の解決策として、債務整理を通じた返済額の見直しが挙げられます。弁護士や司法書士などの専門家へ相談を行うことで、アドバイスが得られると共に、手続きに関する業務依頼を進めることが可能となります。

自分で手続きをすることも不可能ではないものの、借入先との直積的な交渉や、裁判所への掛け合いなど、面倒な作業が多く発生してしまう他、スムーズに対応してもらえないケースも見受けられます。また、完全に返済できる可能性が低い場合は、自己破産の手続きをおこなうこともあります。

債務整理においての自己破産をおこなう

債務整理である自己破産をおこなう場合には、裁判所で申し立てをおこなう必要があります。申し立てをおこない、裁判所で認められ免責許可をもらい成立します。免責許可が得られて借金を返済する必要がなくなります。

免責許可はギャンブルやクレジットカードの現金化などの場合においては、おりないケースもありますので、注意が必要になってくるでしょう。債務整理のなかでも手続きとしてはむずかしい方になりますので、自力でおこなうのではなく借金問題を専門としている弁護士に依頼したうえで、手続きを踏んでいくことをおすすめします。

債務整理で自己破産を選んだら

自己破産と聞くと、人生が終わってしまったかのような絶望感をイメージする人が多いでしょう。しかしながら、多くの借金を背負ってしまった人にとっては、藁をもすがりたいという思いで採った手段です。

借金を帳消しにするために採った、債務整理の方法なのです。借金が帳消しになったとしても、自宅などの資産は手元に残りません。名声、信頼をなくし、人間関係、家族関係が変化することもあります。まずは借金を帳消しにして、新しいスタートを切ればいいのです。過去は水には流せませんが、反省する心があれば、必ず報われるはずです。

自己破産で家が失われる

持ち家は、財産として扱われてしまうため、持っている人は売りに出さなければなりません。もし家を残したまま債務整理を実施するなら、それは個人再生を取らなければならないのです。

方法として、自己破産は全ての財産から一定額だけを残し、後は全て支払いに当てることが義務付けられています。家の価値は非常に高い物がありますので、持っているなら売りに出すこととなります。

もしかしたら家を売ったことで、借金を大幅に減額して返せる可能性もあります。考慮した上で行うかを検討して、自己破産に至る場合は家を売却する手続きを取ることになります。

自己破産について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。