司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

顧客の視点に立った司法書士

誰でも簡単に取得できる資格ではなくて、ごく一部の人しか取得していない難関な資格の一つが司法書士です。

以前は、法律家としての視点から顧客に対して助言やアドバイスをしていた事が多い様ですが、今となっては相談にやってくる顧客の視点に立ってアドバイスするという事も求められています。

顧客は司法書士が難しい専門的な言葉をたくさん使って話をすると分からないので、できるだけ素人でも分かりやすく丁寧に説明してほしいと思っている事が多い様です。顧客に対する話し方や対応についても気をつけて丁寧に対応する事が求められている様ですね。

対応については気軽に話せる人が選ばれる事が多い様ですね。

借金問題を専門とする司法書士が増えた理由

過払い金問題を切っ掛けに、法律問題を専門に扱う認定司法書士が増えています。しかし法律家の代名詞といえば弁護士、彼らに仕事を依頼するのと何が違うのでしょうか?最も大きな違いが料金です。

司法書士が扱えるのは、140万円以下のお金が絡む問題のみです。例えば140万円以下の借金問題なら扱うことができますが、それを超える借金問題は弁護士にしか扱うことができません。

しかし不況の影響から、カードローンで少額の借金をする庶民が増えていますので、140万円以下の借金問題は需要が多くあったのです。この客層に的を絞り、多くの依頼を低価格で請け負い、多大な信頼と実績を得ることに成功しています。

司法書士に借金相談する

街の法律家として親しまれている司法書士ですが、法律が改正して借金の相談もおこなえるようになりました。弁護士と比べて敷居が低く、料金もリーズナブルなことから人によっては利用する人もいるでしょう。

しかしながら140万円以下での民事訴訟の交渉ごとや和解、訴訟代理権に限られていて、それ以外になってしまうと対応はできないことが挙げられますので、借金相談する際には注意が必要です。万が一その制限を超えてしまった場合には、別途弁護士に依頼することになりますので、弁士費用がかかり多額の費用が必要になってくるでしょう。

司法書士への支払いの手順

司法書士に依頼をかけた際に気になってくるのが費用ですし、支払い方法ではないでしょうか?実際に電話で予約を入れて、面接をし、依頼することが決まったら、契約をします。実はここで支払うお金は、司法書士の場合にはありません。

なぜかというと、支払いのは成功金と、雑費であることが多いからです。成功金というのは、実際に依頼内容が成功したら支払うお金のことですので、まだなにも解決していない段階ではお金を出さなくていいのです。また成功金の多くは、実際に返金されたような費用から引かれることが多いのであらためて支払いが必要ということがありません。

司法書士の仕事の役割と内容

よく耳にする司法書士、仕事内容はあまりピンとこない方も多いでしょう。国家資格を要しますが、書士という文字から見ても書類などを作成する専門の職種です。その中でも割と知られているのが会社や土地などの建物に関する登記の仕事です。

また、コマーシャルの影響で、過払い金請求などの対応もしてもらえることを知っている方も多いですが、正しくは認定司法書士と呼ばれる人が行えるもので、借金の額も140万円未満でしか対応してもらうことができません。弁護士や行政書士などの似たような職種がありますが、遺言書作成などでも法律のプロとして頼れる存在となっています。