司法書士Navi信頼できる司法書士に依頼!

司法書士に仕事を依頼する内容は人によって様々ですが、法的な作業が伴う上に、重要な資料の作成や手続きを依頼することが多いために できれば信頼のおける司法書士に依頼したいと願わずにはいられません。
信頼がおけて自身で納得ができる司法書士を見つけることが大切なのです。

個人だけでは不安を覚える、法的な専門家に業務を依頼することで、
  スムーズに進行することが多いのです。

過払いは請求額により司法書士ではお受けできないかもしれません

過払いは請求額により司法書士ではお受けできないかもしれません。

近年では、司法試験が改正され、予備試験やロースクール組といった、その制度自体が不安定になりつつあります。そんな中で、司法書士試験は依然と変わらぬ難易度を保ち続けています。

司法書士には、認定司法書士制度によって、簡易裁判所の代理権が認められたりと、その権利の幅を広げてきています。

そんな司法書士試験は、やはり司法試験に次いで、法律資格の中で難関といって間違いありません。

さらに言えば、司法試験の不安定化によって司法書士試験のほうが難しいとすらいわれています。それを短期合格しようと思ったら、やはり予備校に通うのがいいのかもしれません。

仕事をしながらの独学では、かなり厳しいといえます。

短期合格を目指すのであれば、社会人をしながらというのは無理だということを認識することが大事です。

過払い金請求など債務整理の相談も受付けている司法書士

司法書士の主な仕事としては、ご依頼人に代わって裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類の作成を代行したり、依頼人の代理として登記手続きを行っています。更に、法務大臣認定の司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件をも、依頼人に代わって対応することが可能です。

近年は、債務整理の1つである「過払い金請求」などの相談を無料で受付けているCMを見聞きする機会が多くなりました。過払い金返還請求が裁判まで至った場合には、簡易裁判所に於いて依頼者の代理人として認められる140万円以下となっていますが、着手金や成功報酬などを実際に返還された過払い金から請求する形を取っているケースも多いのが特徴です。

司法書士は過払い金請求もできる

司法書士は債務整理だけでなく、過払い金請求もできます。過払い金請求をした後で借金が残っていたら、任意整理をすることも可能です。ただし、請求金額が140万円以下という条件がついています。

その金額を超える場合には、弁護士に依頼をしなければなりません。1社あたりが140万円以下ならば良いので、2社にそれぞれ100万円、120万円を請求することなら可能です。任意整理については、請求する金額ではなく、借金の金額が140万円以下であることに注意が必要です。しかし、こちらも1社あたりの個別の借金が140万円以下であればよいので、多くの場合に依頼ができます。

過払い金を清算し多重債務から解放されましょう

多額の借金を抱えている人は、金融機関から法律で定められた利率より高い利率で、貸し付けられているケースがほとんどです。払いすぎている利息を、返してもらうことができ、その請求の手続きを過払い請求といいます。

請求は弁護士を通じ行う事になり、弁護士に借金相談をすると、いくらぐらい払いすぎた利息があるのかを、計算してもらうことが出来ます。過払い金を請求することによって、多重債務から解放されたというケースがとても多くありますので、多重債務で困っている方は、弁護士に相談をして、債務整理を行うようにしてください。

多重債務のどん底から過払い請求で一発完済

多重債務者への取り立ては過酷なものです。なにしろ債権者が複数いるのですから、入れ替わり立ち替わりに催促がやって来ます。これが長期間続くと、どれほど神経が太い方でも冷静ではいられなくなります。

多くの方が取り立てをやり過ごしたい一心で、別な金融業者から新たな借金を作ってしまうのです。借金をこれ以上増やさないために、司法書士や弁護士など、法律に詳しい専門家にしっかり相談しましょう。

専門家の協力を得られれば、借金問題を改善するための任意整理という手続きを行うことが可能です。その過程で過払い金が発覚すれば、過払い請求により借金を一気に完済できる可能性もあるのです。

過払い 大阪は生活を守るために債務整理を司法書士に依頼しよう!